1. ワシントン・パークのロッジのような建物がワールド・フォレストリー・センターPhoto © Michiko Ono Amsden




    2011年のフランクフルトモーターショーでデビューした3代目となる『ロータス エキシージ S』は、「エリーゼの高性能版クーペ」という従来の位置付けから脱却し、独自のスタイルやパワートレインを与えられ大きく変化しました。ロータスがチューニングするトヨタ製3.5リッターV型6気筒にハロップ製スーパーチャージャーを加えたエンジンは350psを発生。それを、アルミ製モノコックフレームにFRP製ボディを組み合わせた車体のミッドシップに搭載しています。前後のデザインが変更されたエクステリアは、ホイールベースを延長し幅がワイドに。空力的効果が高いフロントスプリッターやリアウイング、リアディフューザーを採用し、エリーゼよりも一回り大きくアグレッシブなスタイリングになりました。3.5リッターエンジン搭載車としては軽量な1180kgの車重と大パワーを活かし、0-100km/h加速4.0秒、最高時速274km/hを記録します。全3色。

    ?, 連載・コラム

    第17回 「本物のグリーンシティ」

オートアート ロータス エキシージ S (ホワイト)≪コンポジットモデル≫ [AUTOart]【75383】1/18-ミニカー・トイカー

オートアート ロータス エキシージ S (ホワイト)≪コンポジットモデル≫ [AUTOart]【75383】1/18-ミニカー・トイカー

オートアート ロータス エキシージ S (ホワイト)≪コンポジットモデル≫ [AUTOart]【75383】1/18-ミニカー・トイカー

ミニカー 1/18 シュコー Schuco(450007800) BMW 502 "Barockengel" 霊柩車

cereal-932193_640

2016年8月13日

オートアート ロータス エキシージ S (ホワイト)≪コンポジットモデル≫ [AUTOart]【75383】1/18-ミニカー・トイカー

オートアート ロータス エキシージ S (ホワイト)≪コンポジットモデル≫ [AUTOart]【75383】1/18-ミニカー・トイカー

ページ上部へ戻る